アトリエソルスクール

Profile

代表 伊藤ハル伽(いとうはるか)

横浜出身。
幼児から井上俊郎先生(主体美術協会会員、鶴見大学名誉教授)のアトリエに通う。
玉川大学文学部芸術学科日本画卒。
ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ・ファインアートクラス修了。
玉川大学大学院教育学研究科修了。
学研教育アドバイザーの傍ら、寺小屋スタイルの青空絵画教室をスタート。
栄光キッズカレッジ「こどものアトリエ」講師、講師養成、監修、青葉区、港区にて保育園の運営等に関わり、横浜市児童指導員を経て、「絵画表現教育における指導者のあり方」等、講演会活動に励む。
アトリエ・ソル以外の講師、監修
東急セミナーBE こどものための美術教室 造形クラス、絵画クラス講師・監修
放課後NPOアフタースクール 森村学園幼稚園・子どもの森 アートプログラム講師

日本保育学会、日本保育養成学会、日本自然保育学会、日本児童学会、日本LD学会、会員
中学・高等学校教諭第一種教員免許(美術)
チャイルドマインダー(英国国家職業資格付与団体によるBTEC認定)
特別支援コーディネーター養成研修終了
アンガーマネージメント研修(文部科学省関連事業)修了
LSA(学習支援員)養成講座通講修了
メンタルヘルス・マネジメント3種・質問型対話力認定トレーナー・風景構成法研修終了

アトリエ・Solの誕生

2006年に、ある一人の子どもと出会いました。
その子は自閉症という特徴を持つ児童であった為、絵画の才能がありつつも、通常のカルチャーセンターでは本来の表現力を発揮することができませんでした。
それまで、私は「たくさんの人に絵画の楽しみを伝えたい」という思いはもちろんありました。
しかし、その子との出会いにより、それ以上に、特徴を持つ子どもたちの素晴らしい作品を他の子どもにも見せてあげたいという思いと、「誰にも描けないたった一枚の絵を通じて自分自身に自信を持ってもらい、他人から認められる喜び」を感じてもらいたいという思いが強くなりました。
みんなが同等に楽しめる場を提供できる絵画教室を開きたいという思いがアトリエソルスクール誕生のきっかけとなりました。

教室について

自分の体を使って何かを表現すること、創作したいと思うことは人間の生理的欲求です。
感じたままのことを素直に表現できることは非常に大切なことです。
子どもたちのイメージ力を高める働きかけを対話等を通じて引き出し、個々の子どもが持つ素敵な持ち味が作品に反映されるように、子どもの想いと個性を尊重します。アトリエソルスクールでは、子どもたち一人ひとりが絵画制作を通して、お互いの個性を認め合い、思いやりをもって安心して交流できる場の提供をめざしております。

伝えていきたいこと

絵画は、たくさんのことを表現できるという不思議な力を持っています。
言葉では表せないこと、あなただけが感じた特別な何か。自分の多様な思いが表現できた時、「喜び」を実感し、気持ちが前向きになります。
また、固定概念にとらわれない「柔軟なこころ」が育ち、精神は豊かになり、思いやりを持ってさまざまな人と接することができます。
アトリエ・Solが伝えたい「絵画」とは、人と気持ちを分かち合い、交流するためのきっかけとなる「こころの表現」としての絵画です。

アトリエ・ソル認定講師 塩田恭子(しおだきょうこ)

東京都出身。
中学生の頃より、東京芸大の岩井氏のもと、油絵を始める。
跡見女子大学美学美術史学科卒。
大手企業OLを経て、パートナーの海外赴任のため、様々な国の文化や芸術に影響を受ける。
ロンドンのアートスクールにて主婦業の傍ら再び油絵を学び、帰国後リモージュBOXの販売に携わっていたところ、栄光キッズカレッジ「こどものアトリエ」のアシスタントを引き受けたことをきっかけに、アトリエソルの講師研修を受講。
横浜市青葉区あざみ野第一小学校のはまっこスッタフを経験し、子どもたちを笑顔で帰すアトリエの提供に勤しむ。
東京芸術学舎にて学び、自身の子どものころの夢「お絵描き教室の先生」を手繰り寄せる様に実現し、たまプラーザ教室・つくし野教室のメイン講師を務める。
東急セミナーBE こどものための美術教室 絵画クラス講師

中学一種・高等学校教諭二種教員免許(美術)
特別支援コーディネーター養成研修終了
風景構成法研修終了